エクスプレス予約のできるクレジットカード徹底比較!おすすめを紹介

未分類

新幹線のチケットを取るため、エクスプレス予約を利用したい方も居ることでしょう。

エクスプレス予約の利用には、クレジットカードが必要です。
しかし、どのクレジットカードでもエクスプレス予約をできる訳ではありません。

また、エクスプレス予約のできるクレジットカードにも色々あります。
そのため、選ぶクレジットカードによって、あなたが得をするクレジットカードも変わってきます。

さらに、エクスプレス予約には似たサービスが3つもあるので、新幹線予約サービスはどれが良いか比較するのはとても大事!

今回は、そんなエクスプレス予約に関するサービスを比較します。
おすすめのクレジットカードは何か、どのサービスが良いか比較するので、参考にしてみてください!

新幹線予約に関する3つのサービスを比較!

新幹線予約サービスを比較

エクスプレス予約を始め、新幹線予約のクレジットカードサービスが3つあります。

その3つとは「エクスプレス予約・プラスEX・スマートEX」。
まずは、エクスプレス予約を始めとする3つの違いを比較しましょう!

比較表
エクスプレス予約 プラスEX スマートEX
対象
クレカ
  • JR東海エクスプレスカード
  • J-WESTカード(エクスプレス)
  • ビューカード
  • 国際ブランドが以下のクレジットカード
    • VISA
    • Mastercard
    • JCB
    • American Express
    • Diners Club
  • J-WESTカード(ベーシック)
年会費 1,000円 (税抜) 1,000円 (税抜) 無料
概要
  • 東京⇔新大阪:13,620円
    • EX予約サービス
    • 時期/列車に限らず価格は同額
    • のぞみ利用時の片道価格
  • 東京⇔新大阪:13,620円
    • EX予約サービス
    • 時期/列車に限らず価格は同額
    • のぞみ利用時の片道価格
  • 東京⇔新大阪:14,520円
    • スマートEXサービス(通常期)
    • 普通車指定席 / 大人1名
    • のぞみ利用時の片道価格
乗車
方法
新幹線専用のICカード 新幹線専用のICカード 交通系ICカード
予約
方法
パソコン・スマホ・アプリから予約可能
予約
変更
パソコン・スマホ・アプリから変更可能 (手数料無料)
グリーンプログラム ×

どのサービスを利用するのがおすすめ?

利用すべきサービス

比較表を確認すると、スマートEXは年会費が無料であることが分かります。
そのため一見お得ですが、実は「エクスプレス予約」や「プラスEX」を利用する方が賢い選択です。

というのも、「エクスプレス予約」と「プラスEX」は新幹線チケットの割引率が高いため、年会費分を簡単に回収できるからです!

購入時期や区間にもよりますが、割引率を比較するに年会費は1~2回の利用で回収可能。
新幹線を往復で利用する方は、年会費の回収など造作もないのです!

昔はエクスプレス予約の利用に専用クレジットカードが必要でしたが、今はプラスEXの登場で多くのクレジットカードが利用可能。

そのことを考えて比較すると、エクスプレス予約もしくはプラスEXの方がお得と言えるでしょう!

グリーンプログラムの有無で判断すると良し!

エクスプレス予約とプラスEXの比較

では、エクスプレス予約とプラスEXを比較したとき、どちらを利用すべきでしょうか?
それを比較するうえで重要なのは「グリーンプログラム」です!

グリーンプログラムとは、乗車区間に応じた独自のポイントを貰えるサービス。
このポイントを以下の規定量貯めることで、普通車両のチケットでグリーン車に乗れます。

こだま ひかり のぞみ
600 800 1,000

エクスプレス予約とプラスEXを比較すると、基本的な性能(内容)は一緒です。
しかし、このグリーンプログラムはエクスプレス予約のみ付帯のサービスなので、プラスEXを検討されている方は注意。

その点を加味して、エクスプレス予約とプラスEXの対象クレジットカードを比較されることをおすすめします。

グリーンプログラムの「獲得期間」による比較も忘れずに!

グリーンプログラムの比較

2つを比較したとき、グリーンプログラムのあるエクスプレス予約がおすすめと伝えました。
しかし、エクスプレス予約の対象クレジットカードを利用する方が必ずしも良いとは限りません。

というのも、グリーンプログラムのポイント獲得は難しいため、規定量に達しないことがあるからです。

グリーンプログラムのポイントは、毎年1月1日~12月31日を獲得期間としています。
そして、貯めたポイントは翌年の6月末(23:30)を過ぎると失効する仕様。

【例】
・獲得期間:2020年1月1日~2020年12月31日
・有効期限:2021年1月1日~2021年6月30日

また、有効期限内に1度でもグリーン特典を予約をすると、有効期限を半年延長させることが可能。
従って、グリーンプログラムの有効期限は「6ヶ月~12ヶ月」ということになります。

問題なのは有効期限ではなく、1年以内に貯めなければならない「獲得期間」。
この期間内に規定量を貯めないとチケットの交換はできないので、グリーンプログラムを利用する意味がないのです。

ちなみに、獲得ポイントはこちらで確認可能。
上記で確認してみて「1年間では貯められない」と判断した方は、エクスプレス予約ではなくスマートEXの対象クレジットカードを選ぶのがおすすめです。

またエクスれプレス予約とプラスEXを比較すると、対象クレジットカードの性能はプラスEXの方が優れているものが多いです。

すでにあなたが利用するクレジットカードでプラスEXの会員になれる可能性も高いので、その点も加味して検討をしてみると良いでしょう。

「エクスプレス予約(プラスEX)」におすすめのクレジットカードを紹介!

エクスプレス予約のできるクレジットカード

エクスプレス予約(プラスEX)の対象クレジットカードは多々あります。
ここでは、そんな多々あるクレジットカードを比較し、その中でもおすすめの2枚を紹介します!

ビックカメラSuicaカード


比較1

こちらのクレジットカードがおすすめの理由は、ポイント還元に優れている点!

エクスプレス予約の対象クレジットカードを比較すると、還元率が0.5%のものが多い。
そんな中、このクレジットカードの還元率は1.0%と2倍なので、お得なクレジットカードと言えます!

ちなみに、1.0%の還元はエクスプレス予約時だけでなく日常的な買い物も可能。
また、ビックカメラでは最高11.5%の還元率になることも見逃せない点です。

年会費は、エクスプレス予約の1,000円以外にクレジットカードの524円が掛かりますが、年1回の利用でクレジットカードの年会費524円は無料になります。

2倍の還元率を持ちつつコストは他のクレジットカードと同じなので、エクスプレス予約にはこちらのクレジットカードがおすすめです!

リクルートカード


比較2

こちらのクレジットカードもポイント還元率の高さがおすすめの理由。
肝心の還元率は1.2%もあり、ビックカメラSuicaカードよりもお得です!

また、このクレジットカードは「じゃらん.net」の利用時に還元率が2.0%アップ(3.2%)。
新幹線だけでなく宿泊先の予約も行えば、驚くほどポイントが貯まる仕組みになっています!

そんなリクルートカードも、年会費無料で持てるクレジットカード。
余計なコストが掛からないお得なクレジットカードなので、プラスEXにはこちらがおすすめです!

普段の買い物に使うクレジットカードも選んでみては?

普段用のも比較

エクスプレス予約のできるクレジットカードを普段の買い物に使うのも良いですが、買い物専用のクレジットカードを用意するのもおすすめ!

こちらで、日常で使うのに最適なクレジットカードを紹介しているので、ぜひご覧ください。

普段用のクレジットカード

タイトルとURLをコピーしました