クレジットカードの国際ブランドを比較!VISA・Mastercard・JCBなどおすすめは何?

未分類

クレジットカードを作るとき、決めなければいけないのが「国際ブランド」。
7種類もあるので比較が大変なうえ、国際ブランドによって何が変わるのか気になる方も多いと思います。

今回は、そんなクレジットカードの国際ブランドを比較し、各特徴を紹介。
また、クレジットカードの国際ブランドには何が最適かも比較するので、これからクレジットカードを作る方は参考にしてみてください!

国際ブランドとは?

国際ブランドとは、世界的に使用可能なクレジットカードブランドのこと。
現在だと、国際ブランドに選ばれるクレジットカードは下記の7種類とされています。

  • VISA
  • Mastercard
  • JCB
  • American Express
  • Diners Club
  • 中国銀聯 / Union Pay
  • DISCOVER

日本では、この国際ブランド以外のクレジットカードも発行されています。
そういったクレジットカードは海外で利用できない恐れがあるので注意。

初めてクレジットカードを作るなら、まずは国際ブランドに選ばれるクレジットカードの作成をおすすめします。

各国際ブランドを徹底比較!

上記の比較表から、国際ブランドは7種類あることが分かりました。

ここでは、そんな7種類の国際ブランドについて特徴を比較していきます!

VISA



最も有名な国際ブランドといえば「VISA」です。

VISAが有名なのは、国際ブランドの世界シェア率がNo.1のため。
それは日本においても同じで、国内でクレジットカードを使える店舗なら、VISAが使えないことはまず無いでしょう。

VISAは自社でクレジットカードを提供しておらず、ライセンス提携した企業に発行を委ねています。
日本では「三井住友」がVISAのクレジットカードを最初に作ったとして有名です。

クレジットカードを1枚も持っていない方には、まずおすすめする国際ブランドです!

Mastercard



Mastercardは、世界シェア率No.2を誇る国際ブランド。
VISAと同じく自社でクレジットカードを作成していないという特徴があります。

シェア率はVISAに及びませんが、Mastercardも大抵の店舗で利用可能。
国際ブランドを理由にクレジットカード決済を断られることは基本的にないので、Mastercardもおすすめです!

JCB



日本の企業で、唯一の国際ブランドに選ばれているのが「JCB」です。

実は、この「日本企業」というのが国際ブランドを選ぶうえでとても重要。
というのも、他の国際ブランドだと提携解除されたときにクレジットカードの利用ができなく恐れがあるからです。

実際、ロシアでは過去に「VISA・Mastercard」の利用が停止したこともあり、日本では絶対に無いとは言い切れません。
そういった心配がJCBには無いため、信頼性の高い安心のクレジットカードと言われています!

JCBの欠点は、海外での普及率が「VISA・Mastercard」と比較して浸透していないこと。
実際に海外(シンガポール)のレストランでクレジットカード決済を頼んだときは、使用できないと断られた経験があります。

JCBは国内利用において最強ですが、海外では「VISA・Mastercard」を持っている方がおすすめです。

American Express



国際ブランドを比較したとき、最もステータス性が高いのが「American Express」。
クレジットカードに付帯の優待特典がゴージャスで、主に富裕層の方から支持のあるクレジットカードです!

「American Express」は、以前まで国内だと利用できない店舗が多いと言われていました。
しかし「JCB」と手を組んだことで、今は「JCB加盟店」での利用が可能に!

「JCB」は国内でクレジットカード利用ができない店舗は少ないので、「American Express」も使用場所には困らないことでしょう。

Diners Club



「Diners Club」は、クレジットカードの起源とされる国際ブランド。
世界初のクレジットカードを発明したとされ、高ステータスが売りのクレジットカードを作成しています。

「American Express」と同様、「Diners Club」も「JCB」と提携を結ぶ国際ブランド。
そのため、こちらも国内利用は基本的に困らないでしょう。

中国銀聯 / Union Pay



こちらは、中国で盛んな国際ブランドです!

中国では「VISA・Mastercard」を上回る浸透率で、「中国銀聯(UnionPay)」が最も使いやすいと言われています。

お店によっては、「VISA・Mastercard」ではなく「中国銀聯(UnionPay)」でないと支払いできないことも。
中国に長期滞在するときは、「中国銀聯(UnionPay)」のクレジットカード(デビットカード)は必須と言えるでしょう。

DISCOVER



「DISCOVER」は、「VISA・Mastercard」と同じくアメリカの国際ブランド。
7種類の中では仲間入りしたのが最も新しい国際ブランドで、他と比較すると世界シェア率は低いです。

国際ブランドが「DISCOVER」のクレジットカードは、国内にはまだありません。
そのため、こちらに関しては基本的に比較する必要はないでしょう。

クレジットカードの国際ブランドは何がおすすめ?

国際ブランドを比較したとき、最もおすすめなのは「VISA」か「Mastercard」。
なぜなら、世界シェア率を比較するとこの2枚で80%も占めるため、使用できないことが少ないからです。

比較すると、他の5つはクレジットカード利用を断られることがあっても、この2つは基本的に断られません。
それは国内だけでなく海外でも同じなので、1枚は持っておくことをおすすめします。

国内利用だけを考える方には「JCB・American Express・Diners Club」もおすすめ。
クレジットカードの国際ブランドは、以上の5種類を比較して選んでみてください!

クレジットカードの比較すべきことは他にもたくさん!

クレジットカード選びにおいて、国際ブランドの比較はとても重要!
しかし、国際ブランド以外にもクレジットカードは比較すべきことがあります。

こちらの記事では、クレジットカード選びで重要な比較すべき特徴を解説しているので、これから作る方は参考にしてみてください!

クレジットカードの比較すべき事柄

タイトルとURLをコピーしました